ビジネスの効率化

とうぎんでんさいネット

電子記録債権「でんさい」とは・・・

電子記録債権「でんさい」とは、全国銀行協会が設立した株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称「でんさいネット」)が取扱う新しい金銭債権です。手形債権や売掛債権に代わる新たな決済手段として、全国の金融機関(※)で取扱が開始されました。

一部金融機関を除く

でんさいのメリット

支払企業様(債務者) 納入企業様(債権者)
  • 印紙税は不要
  • 搬送・郵送コスト削減
  • 期日になると自動入金
  • 紛失や盗難の心配不要
  • 分割して譲渡や割引が可能

でんさいの活用例(取引イメージ)

当行でご利用の場合、とうぎんビジネスインターネットバンキングからのご利用となります。

でんさいの活用例(取引イメージ)「でんさい」の発生

  1. 商取引の成立。代金を「でんさい」で支払うことを納入企業へ通知
  2. 支払企業が「でんさい」で支払いを行うため、取引金融機関(A銀行)を通じて発生記録の請求を行う
  3. 「でんさいネット」において記録原簿へ発生記録を行う
  4. 「でんさいネット」から納入企業の取引金融機関(B銀行)を通じて発生記録の通知を行う
  5. 支払期日に納入企業の指定口座に代金が入金される

でんさいの活用例(取引イメージ)「でんさい」の譲渡・分割譲渡

  1. 商取引の成立。既に受取っているX社の「でんさい」で支払うことを納入企業へ通知
  2. 支払企業が、受取っているX社の「でんさい」を納入企業に譲渡するため、取引金融機関(B銀行)を通じて譲渡(保証)記録への請求を行う
  3. 「でんさいネット」において記録原簿へ譲渡(保証)記録を行う
  4. 「でんさいネット」から納入企業の取引金融機関(C銀行)を通じて譲渡(保証)記録の通知を行う
ここがポイント!

手形の裏書譲渡とは異なり、受取った「でんさい」の一部を分割譲渡することも可能です。

例)受取った1,000万円の「でんさい」のうち一部を分割譲渡して500万円支払うことも可能

でんさいの活用例(取引イメージ)「でんさい」の割引

  1. 受取った「でんさい」の割引を金融機関に依頼する

    割引の申込みに際しては、当行所定の審査がございます。ご希望に添えかねることもありますのであらかじめご了承ください。

  2. 割引可能な場合、取引金融機関を通じて譲渡(保証)記録請求を行う
  3. 「でんさいネット」において記録原簿へ譲渡(保証)記録を行う
  4. 「でんさいネット」から取引金融機関(B銀行)を通じて譲渡(保証)記録通知を行う
  5. 割引の実行

とうぎんでんさいネットご利用料金

1.基本利用料

手数料名称 金額(税込)
1.でんさいネット債権者利用料 無料
2.でんさいネット債務者利用料 無料

2.手数料

手数料名称 金額(税込)
1.発生記録請求(IB) 324円
2.譲渡記録(IB) 324円
3.分割譲渡記録(IB) 324円
4.保証記録 324円
5.変更記録(IB) 324円
6.開示請求(通常開示) 無料
7.口座間決済 324円

上記手数料は主な項目を掲載しております。

でんさいネットの詳細は下記バナーをクリックしてください。

でんさいネットバナー

外部サイト(「でんさいネット」のホームページへリンクします。)

とうぎんでんさいネットに関するお問い合わせ先

各種お問い合わせ・ご相談

店舗でご相談のお客様

とうぎんビジネス
インターネットバンキングヘルプデスク

0120-27-0124

受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝除く)

ページトップへ